炭水化物抜きダイエットは危険!女性ホルモン崩壊!

sipai
スポンサードリンク

sipai

元々、ぽっちゃり体型の私が20代前半にダイエットをしようと決意し、当時話題になっていた炭水化物抜きダイエットを始めました。

炭水化物抜きダイエットは流行っていましたが、あまり深く下調べせずに始めました。

開始してから毎食炭水化物を抜いて、1週間で3kg体重が減りました。

周囲からも「何か痩せたね」と言われるようになりとても嬉しかったのを覚えています。

お友達と外食する以外は炭水化物を食べていませんでしたが、2週間目はあまり体重が減らず停滞していました。

3週間目に入るころまた、少しずつ減りはじめ目標だった-5kgが目前に迫ってきました。

ところが、仕事中、めまいがしたり息切れがしたりという症状が出てきました。

疲れだろうと思っていましたが、たまたま栄養士をしている知人に相談したところ、炭水化物を全くとらないのは危険でそのため、めまい等の症状が出ているのではと言われました。

ダイエットして体を壊してしまうのは元も子もないと思い、すぐに元の食事に戻し、めまいや息切れすることはなくなりました。

最近、若い女性の中でも無理なダイエットをしている人を見かけます。

しかし、人間に必要な栄養が不足してしまうと女性ホルモンを壊し、生理不順や不妊症といった女性特有の病気を引き起こすリスクが高くなります。

そのため、ダイエットをする時はしっかり調べてバランスの取れた食事と適度な運動で健康的なダイエットを行うことが成功の近道だと思います。

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です